副業フランチャイズは儲かるのか?経営者の秘密の口コミと評判

素人でも副業で稼ぎやすいフランチャイズはどこ?やよい軒、はんこ屋さん21、おそうじ本舗、オフィスコンビニ,靴専科などオーナーの口コミ体験談をまとめました

葬儀屋のフランチャイズは流行りすたりのない副業ビジネス!

もう人に使われるのは嫌だ!と考える人が思うのは独立して起業することですが、未経験者がいきなり独立して上手くいくのでしょうか?もちろん上手くいくこともあると思いますが、たいていの場合は不安でいっぱいのスタートを切ると思います。

 

お金の問題はもちろんですが、ノウハウも無いまま起業するというリスクたっぷりの行動を取るよりは、フランチャイズに加盟してノウハウや商品、サービスを使う権利をもらい経営するほうが安全、安心で稼ぐことができる可能性が広がります。

 

こうした業態はコンビニが筆頭に挙げられますが、さまざまな業種で広がっています。中でも今注目が集まっているのが葬儀ビジネスです。


葬儀ビジネスは流行りすたれが無く、需要が定まっているということができます。人の死に関わることですから、高齢化社会の現在では需要が高まっているとさえいうことができます。

f:id:finds:20160629101031j:plain

 

 

でも、異業種からいきなり葬儀ビジネスのオーナーになるのは心配、危険なのではないかという声もあると思います。私もそういった不安がありました。

 

しかし葬儀ビジネスのフランチャイズの「葬儀会館TEAR」は、そういった不安を消し去ってくれました。

 

初心者が葬儀ビジネスをやるなら葬儀会館がおススメ!

「葬儀会館TEAR」の加盟社は10社であり、全82会館中38店舗がフランチャイズです。特筆すべきは、すべての会社が異業種からの新規参入ということです。「葬儀会館TEAR」が他葬儀社より選ばれる理由が、人材育成に力をいれている点です。

 

専門教育機関「ティアアカデミー」を設置するなど、異業種からの参入でもノウハウを取り入れることができる制度が整っています。

 

私もこのアカデミーを受講しました。またそのほかにも葬祭実務や葬儀に必要な宗教知識、会館運営戦略に関する研修や講習など、異業種からの参入でも安心して稼ぐことができる仕組みが整っています。

 

また利用者と実際にやりとりを行うスタッフを「セレモニーディレクター」と呼び、サービスの顔となる重要な存在であると位置付けています。

 

こうしたスタッフを育成する研修制度が整っているので、異業種からの参入をより容易にしてくれます。

 

葬祭会館経営は社会的貢献ができるものです。あなたも「葬儀会館TEAR」でオーナーになり、お金を稼ぐとともに社会貢献をしませんか。