副業フランチャイズは儲かるのか?経営者の秘密の口コミと評判

素人でも副業で稼ぎやすいフランチャイズはどこ?やよい軒、はんこ屋さん21、おそうじ本舗、オフィスコンビニ,靴専科などオーナーの口コミ体験談をまとめました

リスクはあるの?フランチャイズの裏事情

近年では、全国展開している店舗が非常に多くなっています。

 

コンビニやドラッグストア、飲食店など様々な種類がありますが、基本的には本店の社員が支店を出すパターンとは異なり、本部とは無関係の個人や法人が、その店舗のブランドを利用して販売するためにフランチャイズオーナーになります。

 

これがいわゆるフランチャイズ契約ですが、本店の社員が出向するわけではありませんので、ブランド名を貸すことはあっても、その店に対して赤字になった時の保障などはしません。

 

オーナーの努力で店に利益を出し、その一部をブランド名を借りている代償に本部へ納めるという内容になります。


この契約は、実際にオーナーになってみると、いろいろなリスクがあることがわかります。私もフランチャイズオーナーとして大手の会社と契約しましたが、契約当初の条件は非常に魅力的で、全国的に店舗が増えているのも納得できました。

 

契約書には細かい字でいろいろな取り決めがびっしりと書かれており、すべてを把握するのには時間がかかりそうでしたので、担当者の方に大まかな説明を聞いてから、数日よく考えたうえで契約をすることに決めました。

 


実際に開店してみると、オリジナルではないので目新しさはありませんが、今までよりも便利な場所によく利用する店舗がオープンしたということで、周辺に居住している顧客層はすぐに獲得できました。

 

自分が消費者のときには、これらの店舗はいずれも直営店、または社員が経営にかかわっているという認識でいましたが、フランチャイズの場合には基本的な指導を受けたのちは自分で采配を振るわなければなりませんでしたので、思った以上に大変です。

 

自力で系列店について研究し、店舗独自のイベントなども頻繁に考案しました。


フランチャイズ契約は、大体5年程度で契約内容を更新します。

 

最初に店舗を立ち上げるときには、フランチャイズ契約というのはずいぶん利用者に優しい制度だと思っていましたが、オーナーを積極的に増やすために比較的甘い条件の契約内容を提示しただけにすぎませんでした。

 

私も最初の契約条件のもとでは、安定した経営で収入も得ていましたので、このまま店舗を続けるのは大変ではないという認識でした。

 

しかし、次の更新では高額の更新料や契約内容の変更を求められ、しかも早い決断を迫られました。すでに莫大な初期投資をかけて開店し、おまけに軌道に乗っていたころでしたので、相手が何を言ってきても断りづらかったです。

 

私の場合は、売り上げに対するフランチャイズ料の割合が高くなったことが最も大きい問題でしたが、悪質なところになると仕入れや価格競争などに制限をかけて、直営店に顧客が集中するように調整することもあるそうです。

 

その結果、契約更新後のフランチャイズ店は景気が悪くなるものの、更新した時に契約文書に同意をしているため、裁判で争っても勝てないことがほとんどです。

 

実際にこのような契約をして経営が立ち行かなくなり、解除しようとしても莫大な違約金を払わなければならないため、法律家に相談に出向いた友人もいました。

 


このように、フランチャイズ契約をするときには、更新の時のリスクも考慮してからどこと契約をするかを決めなければなりません。

 

私は同業者に知り合いから話を聞いていたため、更新時の契約書はある程度不利な条件について交渉することができました。

 

非常に小さい字で、本部の指導に従わなければならない内容が数多く羅列されていました。なお、本部は基本的に裁判対策として、書面で契約を取った後は電話だけのやり取りが多いです。

 

噂では、裁判用の証拠を取らせないことが理由だそうですが、このようなやり方に加えて条件が非常に不利な内容の契約で更新してしまうと、オーナーは泣き寝入りするしかありません。十分気をつけましょう。